Slider

海外旅行

アンコールワット行ってきた!カンボジアと言えば、まずここでしょ!

投稿日:2014/04/28 更新日:

 ついにカンボジアのアンコールワット行ってきました!アンコールワットと言えば遺跡としては超有名ですね。所々くずれてしまっている場所もありますが、1000年くらい前の遺跡が残っているなんて結構すごい。

アクセスとしては、アンコールワットの近くにはシェムリアップ空港というのがあって、ここに行くのがオーソドックスな方法となります。空港から市街地までは車で20〜30分でしょうか。

アンコールワット外周

 今回は、現地ツアーを利用しているのですが、裏門からの観光となりました。裏門もなかなか崩れていますね〜。雰囲気がすごいでてる。

ankor-wat02

 この裏門は、外から門を通してアンコールワット中央部の塔が見えるように設計されているそうです。

ankor-wat03

 確かに、向こうの方に見えますね。

 門を通って、少し歩くと見えてきましたアンコールワットが…こちらは完全に裏になるようです。

ankor-wat04

 外周を少し回ってから、いよいよ中へ入ります。

ankor-wat06

アンコールワット内部

 中は中で、壁や柱の装飾がすごい。結構細かいです。

ankor-wat08 ankor-wat09

 柱の曲面は当時の技術ではどうやって実現したのだろう。

ankor-wat07

 さて廊下(回廊)を抜けると、さらに中心に近いところに出ます。近くで見ると結構でかい!圧倒される!

ankor-wat12

 さらに中へ行くにはこんなに急な階段が…(ここは入れませんでした)

ankor-wat10

 階段は意図的な設計で急階段になっているようです。理由としては、「急な階段では足下を見ながらになる→足下を見ると頭が下がる→階段の先には神様がいる→神様に頭を下げる」という事なのだそうですよ。へぇ〜と思わされました。

 アンコールワットは東西南北の方向が正確に反映されていて、中央の廊下は正確に北から南に向くように作られています。ガイドのiPhoneが正確に0度の真北を示していてびっくり。当時の技術すげ〜。

ankor-wat15

 また外に出て、写真撮影スポットへ。こちらが、アンコールワットが池に反射させて写真に写せる撮影場所です。結構このアングルの写真は見たことあるような気がしますね。

ankor-wat14

 遺跡の中では、こんな感じで光の入り具合とか素敵な印象の場所が多々ありました。でっかいアンコールワットの迫力もいいですが、こういった落ち着いた雰囲気も結構いいです。

ankor-wat11 ankor-wat13

 あまり、ガイドの説明をまじめに聞いていなかったので(汗、あまり解説敵なものは書けませんでしたが、アンコールワットの雰囲気を伝えられたでしょうか?それなりに観光客も多いですが、意外と落ち着いているので(私の時は)、じっくり楽しめるのではないでしょうか?


 記事はいかがでしたでしょうか?当ブログの管理人うらまつです。海外旅行とジャグリングが好きでこんなことやっております。ご覧になっていただければ嬉しいです。

広告

広告

-海外旅行
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

logo-garrett

シカゴ空港のギャレットは超ガラガラで日本とは大違い(シカゴ空港暇つぶし)

 南米はボリビアからの帰り道、シカゴ空港での乗り継ぎがあったのですが、見つけてしまいましたあの日本では大行列のポップコーン屋さんギャレットを!もちろんこちらの方が本場という事だと思うのですが、まぁほと …

logo-UZ-SIM

ウズベキスタンでSIMカード購入。サマルカンドで買ってみました

ウズベキスタン旅行の際に、やはり現地でもスマホを使いたいということでSIMカードを購入してみました。やはりウズベキスタンはその辺りがまだまだ発展途上ということで、ちょっと面倒な感じにもなりましたが、ご …

singapore-logo

シンガポール行ってきたので写真うp!!

みなさんこんにちは  この夏にシンガポールに行ってきましたので、良く撮れたなーっと思った写真をうpしたいと思います。7月に行ったのですが、シンガポールは意外と涼しくてびっくりでした。むしろ日本暑すぎ( …

czech-train-logo

日本からチェコの電車のチケットを予約しよう。その2 :チェコ国鉄のウェブサイトから予約

 本記事は前回の続きの記事になりますが、日本からチェコの鉄道のチケットを買う方法について解説していきます。  日本からヨーロッパの電車のチケットを買う方法はいくつかありますが、代理店や仲介してくれるサ …

logo-deadsea

死海で浮いてきた(ぷか〜)。世界で唯一ここだけの浮遊体験!!

 死海と言えば、塩分濃度が濃すぎるため水面に体が浮いてしまうことで有名ですが、私は今回の旅で念願だった死海での浮遊体験をすることができました。日本ではなかなか出来ない、水に浮くという貴重な経験がめっち …

検索

管理人の動画「海外旅行しながらジャグリングしてきた」