Slider

海外旅行

アメリカに行くためには必須のESTA申請方法!

投稿日:2016/03/02 更新日:

 アメリカに行くためには必須のESTA(電子渡航認証システム)を申請したので、その時のことを書いておこうと思います。通常でしたら、入国にはビザが必要だったり、必要なかったりするのですが(日本のパスポートの場合は、多くの国はビザが必要ないです)、アメリカは独自にESTAというものを運用しているのです。

ESTA(電子渡航認証システム)

 日本とアメリカ館では、通常の観光ではビザは必要ないのですが、アメリカに入国する場合は、このESTAを申請しておく必要があります。実際、ビザとESTAの二重運用な気がしないでもないですが、言うことを聞くしかないので、素直に申請しましょう。通常であれば、審査に落ちるなんてことはなくて、ただ申請料(14ドル)を払うだけのものです。

ESTA申請

 ESTAの申請用サイトは完全に日本語化されているので、英語が苦手な人でも問題ありません。

201602esta1

 新規の申請であれば、(申請)ボタンから進みましょう。

201602esta2

 いろいろ書いてありますが、さっと目を通して進んでしまいましょう。

201602esta3 201602esta4

 ここからは申請項目の入力になります。ちゃんとローマ字で入力しましょうね。

201602esta5

 入力を終えると、次は料金の支払いです。申請番号は割と重要なので記録しておきましょう。

201602esta6

 支払いはクレジットカードで行います。

201602esta7

 支払いが終わってから、申請番号を使って申請がちゃんと通ってるか確認すると、あっさり渡航OKになってました。

201602esta8

 画面に書いてありますが、印刷して持参する必要はないようですね。おそらく、向こうのデータベースに登録されて分かるようになっているのでしょう。

終わりに

 実際には、ほとんど14ドルを払うだけのイベントですね(やばいところに行ったりしていなければ)。とは言っても、ESTA申請し忘れてたとかよく聞くので、注意してくださいね。

広告

広告

-海外旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

logo-UZ-SIM

レギスタン広場行ってきた。ウズベキスタン・サマルカンドと言えばここ!

ウズベキスタンで一番有名な観光地のレギスタン広場に行ってきました。ウズベキスタンのサマルカンドと言えば、とりあえずここが一番最初に出てくるのではないかなと思います。やはり目の前にするとその迫力に圧倒さ …

logo-garrett

シカゴ空港のギャレットは超ガラガラで日本とは大違い(シカゴ空港暇つぶし)

 南米はボリビアからの帰り道、シカゴ空港での乗り継ぎがあったのですが、見つけてしまいましたあの日本では大行列のポップコーン屋さんギャレットを!もちろんこちらの方が本場という事だと思うのですが、まぁほと …

logo-samarkand2

青の都サマルカンドをひと周りしてきたので色々紹介(その2)

サマルカンド紹介記事の2つ目です。今回はサマルカンドで最も有名なレギスタン広場もありますよ。

cambodia-logo

アンコールワット行ってきた!カンボジアと言えば、まずここでしょ!

 ついにカンボジアのアンコールワット行ってきました!アンコールワットと言えば遺跡としては超有名ですね。所々くずれてしまっている場所もありますが、1000年くらい前の遺跡が残っているなんて結構すごい。 …

cambodia-footlogo

シェムリアップ空港でフットマッサージ体験してきた。空港での暇つぶしにオススメ!

普段はマッサージをあまり(全く)利用しない私ですが、カンボジアのシェムリアップ空港で時間があったので、空港の中にあるマッサージ店を利用してみました。 このマッサージ店は空港の出国審査の先にあるので、飛 …

検索

管理人の動画「海外旅行しながらジャグリングしてきた」